11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

スイスの友人ヘ

2017.03.28 (Tue)

スイスの友人ヘ

スイスの友人が来日する。

早春の日本を満喫して頂くと共に、

スイスで待つ奥様に記念の品を渡したいと思案し

思いついたのは、今年から勉強を始めた竹細工の作品。

私の技量では恥ずかしいので師匠に作品を作って頂き、

私は得意の木工で桐箱を作る事にした。

色々あったがモダンな花器と桐箱が出来上がった、

さてスイスの友人は喜んでくれるだろうか?



スポンサーサイト
22:47  |  DIY  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

リヤ廻りのリペア

2017.03.25 (Sat)

リヤ廻りのリペア

バンパーは錆で塗膜が浮いていたので塗装を剥がして再塗装。

スペアタイヤのホイルも小さな錆が出始めているのでマスキングして塗装。

プラスチック部品を掃除してリヤのリペアは完了。







17:56  |  Pop-Up Camper  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ルーフラッチのリペア

2017.03.22 (Wed)

Roof latch のリペア

ルーフラッチが錆びて見苦しい上に、Pop-up camperの重要部品ですのでリペアします。

トレーラからラッチを外して錆びを落としてラッカー塗装し

錆びの酷い角ナットをステンレスウイット1/4ナットに変えて終了。

ネジが全てインチなので工具が合わなくて大変でした。


before


painting


after
18:08  |  Pop-Up Camper  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Pop-up camperの購入

2017.03.22 (Wed)

Pop-up camper

セカンドライフを楽しむ為に「Pop-up camper」を購入しました。

日本ではフォールディングトレーラと呼ばれていますが

生まれ故郷の米国では親しみを込めてPop-up camperと呼ばれていますのでそう呼ぶことにします。

独身時代はバイクにテントを積んでのキャップツーリングで遊び

家族とは車で出掛けるオートキャップを楽しんで来ました。

そしてセカンドライフではのんびりと「キャンプ」をしたいと思い

Pop-up camperに辿り着き1月に宇都宮の業者から購入をしたのです。



Pop-up camperは牽引時は小さな状態で移動し、キャップ場では大きく展開する仕組みです。

この出し入れが面倒がられ日本では普及しない一因となっていますが

布地一枚で自然と仕切られている感覚がテントに近く「キャップ」遊びが好きな私には向いてる様です。

このPop-up camperですがやや古い中古車ですので気になる箇所があちこちに見られます。。

また米国のPop-up camperサイトにはリメイク情報が豊富にありますので

手を入れる過程をこのブログにアップして行きます。

10:05  |  Pop-Up Camper  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

蕎麦の収穫

2016.11.29 (Tue)







蕎麦の収穫

今年も蕎麦の収穫時期となった。

10日程前に刈り取りとはざがげを行い、晴天の日を選んで脱穀作業を行う。

昔の足踏み脱穀機を運んでの作業は結構な重労働。

唐箕にかけ、35kgの収穫量に疲れも吹き飛ぶ。

17:59  |  自然農法  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT