04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

支柱抜き差し道具

2017.05.26 (Fri)

支柱抜き差し道具

今日は雨なので、園芸支柱を抜き差しする道具を作った。

付け根のM6貫通ボルトが足で踏んだ力を支柱に伝えて行く重要な部品。

最初はM3タッピングを使ったがすぐに緩んでしまった。


道具2


道具1


スポンサーサイト
18:26  |  DIY  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ビワ豊作

2017.05.25 (Thu)

ビワ豊作
今年はビワが豊作なので100枚ほど袋かけを行い、防鳥した。
無農薬の菜園には鳥もたくさんやって来る。
中でもヒヨドリは行儀が悪く少々の防鳥では負けてしまう。
はたして袋がけはヒヨドリからビワを守ってくれるだろうか?



21:14  |  自然農法  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

タイミングギヤが曲がっていた!

2017.05.19 (Fri)

タイミングギヤが曲がっていた!

大きなタペット音の原因を探す為に、5回目のエンジン総分解を行った。
細かくあちこち見て行くとクランクタイミングギヤの歯が一枚曲がっているのを発見した。
このギヤはクランクに圧入されているのでクランクアセンブリ交換になるが、
そこまで費用を掛けたくないのでダイヤモンドヤスリで修正した。
タペット音は小さくなったので修理を終了とした。
忘備録として費用を記録に残す
燃料ホース 963円 (デイトナガソリン用内径5mm)
カムシャフト 4885円(ホンダ純正新品)
点火装置 2300円(ヤフオク中古)
キャブレター 5583円(ヤフオク中古)
エンジンオイル 1400円(ホームセンター品)
ガソリン 1L 130円
点火プラグ 500円
合計 15761円


曲がっているギヤとカッタの刃の比較



14:18  |  DIY  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

クランクタイミングがずれる?

2017.05.17 (Wed)

クランクタイミングギヤがずれる?

タイミングギヤの歯欠けを直すには部品交換が良いが,

30年前のエンジンなので部品が無いかも知れない。

そこで販売店に部品の在庫を確認してもらい、

答えがくる間にギヤの一部を手づくりしてエンジンに組み込んで見た。

結果は初爆有るが持続しない。

これはキャブレターから燃料が出ていないと判断しヤオクで程度の良いキャブレターを落札した。

数日後、このキャブレターに変えても、やはり持続しない。

そうこうしていたら新品のカムシャフトが届きエンジンをバラシ交換したが、

状況は変わらない。

まいった、今回は直らないか?

何回かエンジン始動を繰り返して見るとバックファイアが発生した、

これはバルブタイミングが狂っているのか?

しかしカムシャフトはクランク軸のタイミングギヤと合わせマークを合わせて組み付けているので良いはずだ。

バルブタイミングを測定して見るとおおよそ90度、バルブタイミングがずれている。

考えられるのはクランク軸のタイミングギヤが回転しずれている事だ。

もう一度エンジンをバラシし内部を観察するとコンロッドキャップの

オイル攪拌部がガバナと当たり折れている事が分かった。

こんな推定を立てた、

ガバナレバーをエンジン運転中に左回転させた→

ガバナレバーとコンロッドオイル攪拌部が当たり折損した。→

折損部がカムシャフトとクランクタイミングギヤに噛み込んだ→

カムシャフトギヤは折損したがクランクタイミングギヤは折損せずに90度回転した→

バルブタイミングがずれてエンジンがかからない。

そこでピストンを上死点に置いてクランクタイミングの合わせマークを無視し、

カムシャフトの合わせマークは使ってエンジンを組み立て

バルブタイミングを計測すると正確なタイミングが出て来た。

これでエンジンを始動して見ると一発で始動し持続した、非常に滑らかに回っている、やった。

ーーーーが大きなタペット音がしている。

うーん。


歯の一部を手づくりしたカムシャフト


30年前の部品が届く



右側がタイミングギヤ



折れたコンロッドキャップのオイル攪拌部とガバナレバー




20:53  |  DIY  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

タイミングギヤ 歯欠け

2017.05.01 (Mon)

タイミングギヤ 歯欠け

昼からエンジンを降ろしてケースを割ってエンジン内部を見てみた。

するとタイミングギヤの歯欠けを発見。

タイミングが吸気始めなので起きている不調と一致したが部品が手に入らない。

中古を扱っている農機具店に有ると良いのだが。所でこの耕運機はクランク下の遊星ギヤによって減速比を上げている。

以前に生産していた途上国向け船外機と同じだ。

小型船外機の推進効率を上げるにはこの構造が正解かなと思う。







13:47  |  DIY  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT